車を売却する際に、ディーラーに下取りしてもらうのと買取店に

中古車を取扱う業者にとって二重査定制度は好都合なものであ

車を売却する際に、ディーラーに下取りしてもらうのと買取店に売却するのは、どちらにメリットがあるのでしょうか。

最近は、一括査定などを使って、買取業者と取引する人が増えてきています。でも、いつも買取店の方がいいとは限りません。

一例を挙げると、決算期やお正月のキャンペーンの時などはディーラーを選んだ方が得であることもあります。

オークションでの車購入をしようという方は、車を安く手に入れたいと思っている方か車マニアの人です。中でも、安く車を手に入れたいと願っている人が大半なので、ごく普通の車だと高い値段で売却をすることができません。ですが、希少価値があり珍しい車だとマニアの人に喜んでもらえるため、入札の件数が増えて、高い金額で売ることができます。

車の下取りで気をつけなければいけない事は、自動車税の還付についてのことです。

これは、販売業者によって違うようです。通常、ちゃんと説明してくれるはずです。

特に排気量の多い車では、数万円となるため、軽く見てはいけません。逆に、軽の場合は数千円のことですから、大して、気にすることもありません。この間、査定額に目を通して落胆しました。私の車はこれだけの金額なんだと気付かされました。素人とは別で、あちこち点検が添付されていました。気落ちしてしまったのでよその買取業者も査定を頼んでみたのですが、ほぼ変わらない内容でした。車を売却する時には、高値で売ることができる時期やタイミングを逃さないように十分気を配っておくことが大切です。特に3月の決算期や9月の中間決算の時期は車を高く売却できます。

そのほかに、ウインターシーズンの前には、4WDなどのアウトドア車が売りやすいでしょう。このような感じに、車を高く売却するには、時期を見定めるのも必要となるのです。車を買い取ってもらうときは緊張するものですが、意外に手軽なんです。

査定が済んで金額が決まると、中堅以上の買取店なら、営業担当者も事務所の人もよくわかっていて、今後の手続きや必要書類について事前に説明しますし、こちらがするのは書類を揃えることだけで、「あとはよろしく」で面倒な手続きは必要ありません。こちらで揃えるのは、車検証・自賠責保険証・実印・印鑑証明・直近の自動車納税証明書です。軽自動車の場合は実印と印鑑証明書の代わりに認印だけでも構いません。また、車引取りの際に出てくることが多いのですが、純正部品は査定前に出すとプラスになるようですよ。最後に代金が支払われますので、振込先の口座も用意しておけば万全です。

家族が増え、車の買い換える必要に迫られました。

その時、できるだけ高く売りたいと思ったので、一社だけ相手にすると相場がわからないと思い、いくつかの会社に査定を頼み、最も査定額が高かった業者に売るようにしました。スタッドレスタイヤをつけていたのですが、元の値段を考えると、このタイヤのためにその分かなり査定額が上がるだろうと勝手に楽しみにしていましたが、あまり変わりがなくて拍子抜けしました。新品でもないし、それ程良い状態のものではなかったようで、売り物レベルではなかったみたいです。

でも、無料で引き取ってくれたので感謝しています。店で話を聞いてみると、もしスタッドレスタイヤの程度が良いものだった場合は車と一緒に売ってしまわず、スタッドレスタイヤだけで売りに出した方がいい値段がつくようです。車を手放す際、車買取業者で査定し、売買契約書にサインをした後で金額を下げるように請求されることがあるようです。ちょっと待ってください、詳細を調べると不具合があったため買取額を安くしてくださいと言われたとしても、応じなくてよいです。

その不具合を知っていたのにあらかじめ伝えなかったのならば問題ですが、そうでないのなら減額に応じないようにするか、契約を撤回しましょう。