先日のこと、長年乗ってきた愛車をついに売り

以前、査定額を確認して意気消沈しました。私の車はこれっぽっ

先日のこと、長年乗ってきた愛車をついに売りました。

売るときに売る先の中古車業者から、売った車がその後インターネットで販売される流れや売却の手続きに関する書類などの丁寧な説明を受けました。大切にしてきた愛車だったので、大事にしてくれる方に渡ればいいなと思い、こちらも真剣に説明を受けました。

車の査定を受ける前に、注意点がいくつかあります。

急いでいても、一社の査定だけで契約するのは損です。

一括査定サイトなどを十分活用して、できるだけ自分の条件に合った業者を見つけられるように比べるのはタダなのです。

車の査定の前には、少しでも印象がよくなるように清掃をしておくのがベターです。そして、現物査定の際には車検証と納税証明書を必ずチェックされるので、あらかじめ用意しておかなくてはなりません。

7年間乗っていたekワゴンの乗り換えを決め、新しい車を買うお店に下取りしてもらうことも考えましたが、下取りの提示金額は満足できる額ではありませんでした。いくぶん手間はかかりましたが、中古車一括査定業者の方がずっと良い金額で買い取ってくれました。複数の業者に一括査定してもらったら、おおむね相場も知れて有益でしたし、買取の手続きもそれほど面倒ではありませんでした。

下取りだとこんなに良い額にはならなかったと思うと、本当に、下取りに出さなくて正解でした。車を売る際に気にかかるのは、自分の車がどれくらいの値段で売れるものなのかということでしょう。言うまでもないですが、それぞれの車種によって差があることはわかりますが、下取り相場表風のもので、事前にチェックできると、危なげなく話し合うことができると思います。

車をできるだけいい方向で処分するためには、買取を行っている業者に売ることが適切です。多数の業者が車の買取に対応しているので、前もって買取金額の相場を確認して、業者との交渉を進行していくことがポイントです。会社によって買取額に違いがあるので、一社だけに査定を頼むとお金をなくすでしょう。買取額を可能な限り上げるには、買取先の選定こそが何より大事です。

一括査定ならば複数の業者を簡単に比較できるので、少しでも高い査定額になるところを選んでください。

また、買取前に車内を綺麗にしておくことも秘訣と言えるでしょう。

時間がなくても最低限、車内にゴミや埃が残っていないようにはしておきましょう。オーナー自身は気付きにくい部分ですが、忘れずにニオイ対策もしておきましょう。買取は詐欺の温床でもあるので気を付けましょう。

他よりも高額な査定金額を提示して契約を結び、色々と難癖付けるようなことを言って当初の金額よりも大幅に減額して買い取ろうとしてきます。あまりに低額なので買取を断ろうとすると、もう車は手元にないなどと言いだし、運送料や保管料などの名目をでっち上げて支払いを求める手口も報告されています。

その他にも、車の受け渡しをしたのに買取のお金が支払われないというケースもあります。自動車を所有しているということは、たとえ使う頻度が少なかったとしても維持費は同じようにかかるのです。車検費用は2年に一度、毎年の自動車税、さらには自動車保険代金も必要ですね。もっというと、駐車スペースが自分の敷地に確保できない場合には、パーキング代も余計にかかるのです。

自分が持っている車を手放そうかどうしようか悩んでいる場合には、結構大きな維持費用を支払っても所有しなければいけないのかじっくりと考えてみると、どうした方が最善かという結論を導きやすいでしょう。中古車買取専門店が査定時に確認することは、おおまかに説明すると車体の色や車種などの基本的なスペック、総走行距離数および外装の傷の有無(ナンバープレートも含む)、車内の臭いや内装の状態確認、事故や故障の履歴の有無のチェック等があります。

このような事項にあてはまる場合はマイナス査定になり、査定アップの要因になる新型のカーナビやオーディオなどが付属していたらプラス査定となります。以上の結果と今現在の査定相場を総合的に判断して、見積額が提示されるのです。

車を高く買い取ってもらうなら掃除やメンテナンスも大事ですが、一番大事なのは見積りです。ちょっと手間はかかりますが少なくとも2社以上の会社から見積りしてもらうほうが良いと思います。僕は査定時にさんざん粘られて(むこうが粘った)、「今日決めていただけるならこの価格で」と言われましたが、まさにコテコテの営業トークです。「うちなら」価格は「よそなら」どうなのと思うのは当然です。

それに、1日くらい待たせても相場がかわるような品物ではないだろう、ぐらいの冷静な気持ちが大切です。最低でも2社は比較するようにして、これなら売ってもいいと思う業者を選択すると良いでしょう。