車を買い替えるときは、ディーラーに下取りに出す人が多いよう

自動車ローンの支払いがまだ残っている状況でも全く車の売

車を買い替えるときは、ディーラーに下取りに出す人が多いようです。でも、ちょっともったいないと思いませんか。下取りはラクだけど値段は言い値で、買取のほうが高くなるかもしれないですよ。売るほうの気持ちの問題もありますが、車種、中古車としての状態などによっても下取りでないと価格がつかない車もあれば、買取で高く売れる場合もあります。

僕は前に安く下取りに出して悔しい思いをしたので、今回は下取りと買取で競合させてみました。すると買取業者のほうが高かったんです。

特に高額だった1社にきくと、ちょうどこの車を探しているお客さんがいるのだそうです。

現金で即日で払ってくれるというので、その週のうちに契約を済ませ、さっそく新車の頭金にあてました。

下取りでいいのにと渋っていた家族も、このときは「すごーい」と言ってくれました。

車を持っている人なら入ることが義務付けられている自賠責保険ですが、これは条件が整えば車を手放す際にお金が戻ってくることがあります。

その気になる条件ですが、自賠責保険の残りが一ヶ月以上で車を廃車にするときです。

車を売却するときは還付の対象にはなりません。さらに言うと、保険金が戻ってくる場合にも自動で口座に振り込まれたりするわけではないのです。保険会社に対して自分自身で手続きをしてはじめて還付されます。出張での査定はほとんどが無料ですし、持ち込みに時間をとられないので利用できれば便利です。ただ、業者に強く言われると引いてしまう傾向がある方は店舗に直接車を持ち込んだ方がよりよいと思ってください。

普通は予約なしで受けられ、さほど時間もかかりませんので、複数の業者を訪ねて損はありません。

代金振り込みのトラブルもないではありませんので、代金や手数料はできるだけ現金払いにしましょう。

Q&Aサイトなどを見ると、他人名義の車は売れるのかという質問が結構多いです。

自分のものではない(名義人がちがう)車を売却するときは、家族でも他人でも一定の手続きを要しますが、名義人の印鑑証明、ならびに譲渡証明書(実印を押印)、売却を代理人に託す委任状(実印を押印)を揃えていただければ、代理人の方でも売却できます。

自動車金融などで名義が会社のものになっている車については、売却できないため、査定を断られると思います。そちらの支払いを終えていただき、名義を変更する必要があります。車を買取に出したけれど、値段がつかなかった、そんな時でも廃車にするということで引きとってもらえることもあります。

その際、買取業者が直接引き取るといった場合と廃車買取業者へ引き継がれることもあります。ナンバー返納の代行といったような、業者によっては廃車となった時に必要な手数料を値引きしてくれるところも最近増えています。

それだけでなく、自動車税や自賠責保険料の返納もありますので、事前に何の書類が必要で費用はどのくらいなのか調べておきましょう。

何ヶ月くらい残っているかによっても事情は異なりますが、「車検」によって中古車見積もりの価格が少々変動することがあるのです。

勿論、車検が切れてしまっている車より車検が長く残っている自動車の方が良いに決まっています。

かといって、車検が一年も残っていない状態では査定金額にはほとんど影響しないと言えます。

車検期間が短いと査定アップしないからといって、売却前に車検を通すことは無意味であると言って良いでしょう。車検の為に支払う費用と査定時に車検を通したことによってアップされる金額とでは、車検費用の方が高く付く場合がほとんどなので損するのが目に見えているのです。

車の査定を受ける前に、車体の傷は直した方がベターなのか考えてしまうところですよね。自分で容易に、直せる程度の小さめの傷なら、直しておいた方がよいと考えられます。

しかし、自力で直せない大きな傷の場合は、修理に出すことなく車の買取、査定をそのまま受けた方がよいのです。具体的に車の下取り金額が下がるとすれば、平均で1年間に1万キロ以上走っている、車色が好まれない、キズや汚れが車体にある、装備品に不備がある、タバコの臭いが染み付いている、などが見られます。

特に、故障等での修理がなされているかどうかは査定金額への関連が大きいと言えます。

万が一、修理部分があると査定金額はとても下がってしまうでしょう。

私の住んでいるところは漁港にほど近い港町です。窓を覗けば海が見渡せて、暑い夏には気持ちのいい潮風が吹き、それなりに、快適に過ごしているのですが、困るのは潮風で車がボロボロに傷んでしまいます。以前住んでいた山ばかりの場所では、車が錆びてしまうなどということは聞かなかったことです。

今使っている愛車を車下取りに出して、新しい車を手に入れたいです。

喫煙の痕跡のあるなしが、車買取のとき、査定額決定の大きなポイントになります。

どんな消臭手段を使っても、タバコの臭いや、煙やヤニの成分が車内全体につくのは避けられないのです。

タバコを吸わない人や、タバコの臭いに弱い人が増えていることで、タバコの臭いがする車を避けて買おうとすることが多いので、喫煙の痕跡がある車の買取金額は下がるというのが昨今の実態です。